忍者ブログ
2007.Sept
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オーストラリアは日本との関係が深く、極めて友好的な関係を持ち、日本人の観光客も学生さんも沢山来ています。
でも行ったことがないという貴方、下記は簡単な統計です。(日本との比較)

①人口2千万人(1/6), 国土面積(20倍)=人口密度 1/120です!国土が広いだけに住む場所によって大変気候が違います。シドニーやメルボルンは四季があり、冬は東京とほとんど同じように寒くなります。ここサンシャイン・コーストは冬でも日中はセーター無しでOK です。

②金利 日本の公定歩合に相当:  7%(日本は0.1%)です。定期預金などで大体6%位。

③今日のニュースによると『シドニーでは住宅需要が供給に追いつけず、中には敷金1年分という賃貸住宅が出てきている』という記事がありました。         この地のそばのブリスベンでも、『住宅に回す都市部の土地が枯渇している』ということが言われています。日本では新幹線で通勤や、1時間半電車で通勤、ということが毎日行われていますがオーストラリアでは、そんな非人間的な通勤は未だです。そんな通勤地獄を知らない人たちが”都市部にもう住宅用の土地がない”と言っているように私には聞こえます。勿論一軒の土地の広さもマンションの広さも日本よりずっと広いです。

④物価: ガソリンの値段は日本とピタリ一緒です。日常購入する肉や野菜は大変安いです。特に牛肉、ラム、鶏肉は全て安いです。野菜も安いですので、どこのレストランに行っても山ほどのサラダが付いてきます。日本の食料品は品質、特に見た目で瑕疵がない事が絶対条件のようで、こちらの様にちょっとの傷は”ま、いいじゃない~”が通じませんね。その分日本の製品は大変高価になっています。ガソリンは豪州と日本で単純比較できますが、それ以外は”牛肉”といっても内容が違うので一概に比較できません。車は断然日本が安価です。家電も日本が断然安いし選択肢が多いです。パソコンや携帯も同様。その辺は人口がものを言っていると思います。

以上、簡単 オーストラリア講座でした!

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Sunny
性別:
男性
職業:
Sunny's Square
趣味:
Golf
自己紹介:
こんにちは。Sunny's Squareではオーストラリアの
ゴルフの楽しさを是非現地で体験して頂きたいと思いHeiniger School of Golfをホームページにアップしています。
レッスン指導のプロとして現在オーストラリアのHyatt Regency-Coolumでゴルフヘッドコーチを務めている友人のPeter Heiniger氏(ピーター・ハイニガー)をご紹介します。
堂々”全豪最優秀ゴルフティーチングプロAustralian PGA Teaching Pro of the Year Award」を2年連続受賞”の快挙を達成し、実力・名声・人柄を兼ね備えた
ピーターはゴルフプロから初心者まで楽しく明るく親切なレッスンを提供してくれます。是非オーストラリアでピーターのゴルフレッスンを受け、自然一杯の素晴らしいコースでゴルフ三昧の日々を過ごしませんか!
バーコード
ブログ内検索