忍者ブログ
2007.Sept
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tonyは41歳。そろそろプロゴルファーとしても最後の時期に来ています。
でも今でもアジアツアーに参加し、シンガポール・日本・インドなどなどを転戦しています。
昨日は来週のシドニーでの試合参戦の練習で3回もHyattの練習場で会いました。
朝はピッチングレンジで。
勿論プロの練習中はこちらにとっては絶好の質問の機会。
「どうすればそんなにチッピングでボールをホールのそばに集められるの?(どうすればそんなに確率が高くなるの)」
Tonyいわく、「ま、2球ごとに狙うホールを変えるし、練習スウィングをしないで感覚でパット打つ練習をしてる」
夕方ドライビングレンジで会ったときは「プロはトップからボールを打ち終わるまで頭の高さが変わらない。むしろボールを打つ際は頭が下がるほど、体全体が低く抑えられている。どういう感覚で打ってるの」
Tony「それはね。とにかくクラブが視覚から消えるまでボールを見続ける感じだな。クラブが見えなくなったら頭を上げればボールが空中に飛んでいるのが見える」ということでした。

さて夕方暑さも無くなり、Tonyは5番ホールまでちょtっと練習してくるとのこと。じゃ、1番のティーオフを観てるからいい球打ってね。
「うん、俺は大体は最初のティーオフはフェードなんだ」
という事で1球目は、フックで左池へ。
2球目も同じく大きく左へ。
3球目は流石にドライバーはやめてこ。
という事で3番ウッドでバシッと!
なんと真っ直ぐ素晴らしい飛球で水の中へ。
そして同じく4球目もぎりぎりで左水の中。

ま、連戦練磨のプロもこうなんだから我々も、上手く行かなくても前に進むことを学ばないとね。
日本のツアーで数年前にトーナメントでティーショットを観ていた時も、世界各地のプロが連続して2球OBを打つのを何度も見ました。
あれほど才能があり、訓練し、練習しているプロもそうなんだから我々も
余り高い期待を持つのを辞めないと!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Sunny
性別:
男性
職業:
Sunny's Square
趣味:
Golf
自己紹介:
こんにちは。Sunny's Squareではオーストラリアの
ゴルフの楽しさを是非現地で体験して頂きたいと思いHeiniger School of Golfをホームページにアップしています。
レッスン指導のプロとして現在オーストラリアのHyatt Regency-Coolumでゴルフヘッドコーチを務めている友人のPeter Heiniger氏(ピーター・ハイニガー)をご紹介します。
堂々”全豪最優秀ゴルフティーチングプロAustralian PGA Teaching Pro of the Year Award」を2年連続受賞”の快挙を達成し、実力・名声・人柄を兼ね備えた
ピーターはゴルフプロから初心者まで楽しく明るく親切なレッスンを提供してくれます。是非オーストラリアでピーターのゴルフレッスンを受け、自然一杯の素晴らしいコースでゴルフ三昧の日々を過ごしませんか!
バーコード
ブログ内検索