忍者ブログ
2007.Sept
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下記のウェブサイトはここの青少年向けの本格的なゴルフトレーニングプログラムです。

創始者のGraemとは2年ほど前から知り合いになり、彼の一生懸命さと強い意志に感動しとうとう私のHPにも登場して貰う事となりました。
Gaemeがこのトレーングプログラムの創始者ですが、スポンサーは州のスポーツ局、Robert Allenby(豪州のトッププロ)Hyattなどなどそうそうたるメンバーがスポンサーとなって彼をサポートしてます。

http://www.theinvinciblestour.org/

是非興味がある方はご一報を!
PR
今晩は隣のBobとSandraの家でBob手作りの最高のピザを堪能してきました。

でもここはゴルフのブログ。
お久しぶりです。
今日はプロのTonyとの会話。
Tonyは右肘の治療で6週間クラブを握っておらず、久しぶりのボールの感触を楽しんでました。
Tonyにとってはトップも右ひじの使い方も左腰の切れもどれも「自然にできたし考えたこともない」とのこと。
私にとってはトップの位置、特に右の掌の向き、右ひじの位置(下向き)左腰の回転などなど、練習して学ばなければできないことばかりです。

これが人生。
ある人達は「自然に考えずにできる」類の人達。一方では「練習し技として学ばないと体得できない人達」アマチュアは後者でしょう。

しかし後者の利点は「自分が学んで体得したものは他人に教えることができるという事です」私の新たなコーチGregもトップの位置も右ひじのたたみ方もボールの叩き方も後で学んだものです。
そういう事で今年は新たなコーチに習い始めます。
 今英国はマンチェスターから1時間のLythamにいます。7月末です。小さな町の周辺にはThe Open全英オープン会場となるゴルフ場がたくさんあります。二年前に来て以来虜になりました。昨日はSt Annes Old Linksでプロと一緒にプレーをしその様子をお伝えしたいと思います。プロは二年前にリンクスでのゴルフを教えてくれたDanielが多忙で彼の推薦するDavid Doransです。練習場で会いました。 このコースは海風の強い本当のリンクスコースです。街の気温より風で3-5は低くあいにく小雨模様で、長袖と雨よけのパーカーを着ました。多分体感温度は10度前後だろうかと思います。 練習場でボールを打っても全然身体が暖まりません。身体は寒さで萎縮しているのを感じます。はっきり言って、ヤダナー。 Dave と話をする中でその旨も正直に言いました。 Daveは超ポジティブで、私の気持ちを受け止めてくれながら、絶対楽しいラウンドになるよと何度も言ってくれ最初のテイーに立ちました。後でハッキリ判りましたが、こんな時は、止めて帰りたくなったり、天気のせいにしてゴルフがここでできるという最も基本的な事を忘れてしまいがちです。彼は、兎に角こうして外に出て夏の木々や草花の綺麗な色を観ているだけでもめっけもの。リンクスではどうボールがバウンドするか最後まで解らないのでいつも新たな発見で楽しくてしょうがない!その通りでした! 私のショットは練習場の球より上手く当たりフェアウェイへ。 ラウンドレッスンは先ずはショートゲームデス。グリーンも固くボールも止まらないのでグリーン回りのからのショットが極めて重要です。最初に教わったのは「ピッチショットはグリップを短く握り、とにかく柔らかくクラブを握る事。強く握れば握るほど前後の振り幅が大きくなりがちで特に短かいショットができなくなる事。 パー5ではグリーン手前20ヤードからの8番アイアンでの転がすショット。地面が固くボールが自然と転がるので。 そして極めつけは深いヒースの茂みからのショット。クラブが草に絡んでクローズになるので初めからフェースはオープンにして置く事。 例の深いバンカーもやりました!60度を使って兎に角強く当てればなんとか出ることも判りました。 一番一緒に回って学んだのは兎に角ポジティブにしている事。笑顔一杯の素晴らしいDaveがリンクスでの風と雨と寒さの中でのゴルフの楽しみ方を十二分に教えてくれました。感謝!!

2011年4月2日。Mt. Coolum Golf Clubの6番ホール、パー5.
時間は夕方4時過ぎ。青空の中に、雲が言葉では表せないほどの美しさ。ハケでスッと書いたような雲や、優しく盛り上がった雲、青い空を背景に360度の空の絶景。
多分天国の空もこんな感じなのかな、と思いました。

6番ホールは右ドックレッグの約490mのロングホール。
第一打の狙いどころはティーからみると2本の大きな木ですが、そこに打つと左からのラフがフェアウエーにかかってきて、ラフからの第二打は難しくなります。
第一打の狙いどころは見た目より左の小さな木。
フェアウエーは小高くなっていて幅は30m。
真ん中から左右15mしかありませんし、小高くなっているのでど真ん中にボールが行っても、落ちたところによって右か左にバウンドします。

バックティーからの第一打は過去最高の一打となりフェアウウェーど真ん中に止まりました。
ティーから歩きながら空を見ると、美しい青空。綺麗な雲。いろいろな形の雲が想像を掻き立てます。あの雲の形はだれだれに似ているし、あっちは誰かに似てる。
前の組がまだ第二打を打ったばかりでしたので、ゆっくり空を観渡し、こんな素晴らしい空と雲は今まで経験したことがない、と感じ入りました。

第二打はハイブリッドの3番。
第一打に続きフェアウエーのど真ん中に置くことができ、これが空と雲を楽しめる余裕を与えてくれたようですね。

私は約20年前にひょっとしたきっかけでHyatt Regency Coolumに家族で旅行に来たのが始まりでした。
今やこのゴルフ場は生活の一部となっています。

http://www.sunshinecoastdaily.com.au/story/2011/01/03/sunshine-coasts-best-golf-course/


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Sunny
性別:
男性
職業:
Sunny's Square
趣味:
Golf
自己紹介:
こんにちは。Sunny's Squareではオーストラリアの
ゴルフの楽しさを是非現地で体験して頂きたいと思いHeiniger School of Golfをホームページにアップしています。
レッスン指導のプロとして現在オーストラリアのHyatt Regency-Coolumでゴルフヘッドコーチを務めている友人のPeter Heiniger氏(ピーター・ハイニガー)をご紹介します。
堂々”全豪最優秀ゴルフティーチングプロAustralian PGA Teaching Pro of the Year Award」を2年連続受賞”の快挙を達成し、実力・名声・人柄を兼ね備えた
ピーターはゴルフプロから初心者まで楽しく明るく親切なレッスンを提供してくれます。是非オーストラリアでピーターのゴルフレッスンを受け、自然一杯の素晴らしいコースでゴルフ三昧の日々を過ごしませんか!
バーコード
ブログ内検索