忍者ブログ
2007.Sept
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はHyattで例のGeorge、Melbourne Cup2度優勝した JonnyとLord Howe IslandのResortのオーナーの Eddieとゴルフ。天気最高、気温25、26度。最高の状況で最高のパートナーで最高のゴルフでした。
結局私とJonnyの組が負けて昼飯をおごることになりました。
ミラクルショットもあればガッカリもあり、それはいつもの事ではありますが、彼らと一緒にラウンドが出来たことが幸せです。

GeorgeはMelbourneで仕事をやっていてリタイアしてここに移り住んだのは話したとおりですが70歳を超えてもスウィングの改善に闘志を燃やし、Jonnyは競馬のジョッキーで、十分優勝したのでリタイアした50歳。皆素晴らしい人たちです。
ゴルフの楽しさは色々ありますね。
練習した通りのスウィングが出来て、思い通りの球筋が出来た時。
これ最高!
一緒にプレーした友達との時間がそれ自体で幸せな時。
これは一生の喜び。
天気や環境、ゴルフ場の美しさに恵まれた時。
これも一生に何度あることではありません。
今日は全てに恵まれた最高の一日でした。
PR
今日はGeorgeとのゴルフ場での練習会でした。
Georgeはとうに70歳を超えていますが、いつまでも現役のそして第一線のゴルファーです。家はゴルフ場のグリーンの脇にあります。
さてHyattでの一緒の練習は50m先のフラッグを目指して開始。3Wからドライバーに至り、ピッチングレンジでロブウェッジを使い、最後はパット競争で締めくくりました。
人それぞれ性格がゴルフにでますが、Georgeの場合は生真面目なところがスウィングに出てきます。兎に角正確。以前はウェッジに距離別の腕の角度とグリップの場所を示す小さな紙が貼ってありました。
今でもコーチからの指摘で新たな改善に闘志を燃やしています。
そんなGeorgeとゴルフの話を、どんなことでも、ゴルフの話をするのは大変楽しいことです。

George、今日は午前中一緒に練習してくれてありがとう!
PeterのCoreyへのレッスンです。
まず、Peterが来て「今何番もってる」、Corey「8番です」。Peter「じゃ、6番でやろうか」。
Peterがビデオを撮ります。「じゃ、ドライバーにしよう」
そして私とPeterとCoreyでオフィスに入りビデオを再生。
さあ、何がPeterの口から出てくるか。

「ここ。テイクバックのこの動き。クラブフェースがかぶっている。それにテイクバックの間、クラブの位置が寧ろ下がっているくらい。詰まり、わざわざ遠くへ腕を回しているのが判るだろう」
Corey「その通り。こんなになっていんだ。知らなかった。」

そんなビデオ分析が20分ほどあり、外に出て再度レッスン。
Corey「テイクバックはこの角度で良いんですか」  Peter「違う。こうするんだ」

プロがレッスンを受けると、何が我々と違うかというと、正しく矯正するのに時間がかからない、という事です。
Old habits die hard.  習慣や身に付いたやり方は直すのがむずかしい。
と言われますがプロの違いはその辺にあるようです。
Gavinは元テニスプレーヤーで後、コーチとなりました。
今はゴルフだけです。
いつもここに来るたびに温かく迎えてくれ彼とゴルフ談義をするのが楽しみです。
彼もPeterのコーチを受けています。火曜日の午前中がレッスンなのでその時間は私も2人の話の中に入っています。
Gavinは確か最初に彼のコースに誘ってくれてクラブの会長さん他と一緒にラウンドしました。
とにかく長く険しいのぼり坂の多いコースだったように思いますが。
一昨日Gavinの娘さん二人の内一人が一緒に現れ、紹介されました。彼女は確か今日ロンドンに向けて出発のはずです。イギリスで仕事(PCを使ったデザイン。)を探すと言ってました。素直な良い娘さんでGavinも別れるのが寂しくてしょうがない様子。
どこの親御さんも同じですね。
今日はPeterがピッチショットのコーチをしてました。
相手は「是非日本に行ってプレーしたい」というCorey。
30M~50Mの5つの旗に向かって色々な種類のボールを打っています。
低くてでもトントントンと3回転がってスピンで停まるもの。
高く上げてストンとその場に止めるもの。
フラッグの先で落としてバックスピンでホールに入れようとするショット。
私にはCoreyのショットの度に「ワオ~」。
スウィングが安定していて、クラブが球をつかむたびにその音がいい音です。
Peterのレッスンはボールをヒットする際の腕と手首の運びを指摘しています。
そして右手だけ、左手だけ、両手でのスウィング。
Coreyほどのプレーヤーでも右手は簡単にボールを捕らえることができますが、左手でのスウィングではまったくちゃんと当たりません。

兎に角、奥は深いし先は長い。それがゴルフという風に呼ばれるようになったんでしょうね。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Sunny
性別:
男性
職業:
Sunny's Square
趣味:
Golf
自己紹介:
こんにちは。Sunny's Squareではオーストラリアの
ゴルフの楽しさを是非現地で体験して頂きたいと思いHeiniger School of Golfをホームページにアップしています。
レッスン指導のプロとして現在オーストラリアのHyatt Regency-Coolumでゴルフヘッドコーチを務めている友人のPeter Heiniger氏(ピーター・ハイニガー)をご紹介します。
堂々”全豪最優秀ゴルフティーチングプロAustralian PGA Teaching Pro of the Year Award」を2年連続受賞”の快挙を達成し、実力・名声・人柄を兼ね備えた
ピーターはゴルフプロから初心者まで楽しく明るく親切なレッスンを提供してくれます。是非オーストラリアでピーターのゴルフレッスンを受け、自然一杯の素晴らしいコースでゴルフ三昧の日々を過ごしませんか!
バーコード
ブログ内検索