忍者ブログ
2007.Sept
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の夕方から激しい雨が降ったり止んだりしています。
オーストラリアの「激しい雨」とは本当に激しい雨で、車の運転が出来ないほどの雨で道路は冠水するし昼間でも前の車のテールランプを頼りになんとか進むという状況です。
こんな時は自分の知っている道以外、つまり近所以外は運転しません。車の事故はまっぴらです。

今日はゴルフ場での「コースレッスン」です。
激しい雨の合間に小降りになったのをこれ幸いに雨の中をPeterと一緒にプレー開始。
第一ホールPar4。私のドライバーは火を噴いて軽いドローでファウェーセンター。コーチのPeterは雨と風を避け低い球で左バンカー手前。
レッスンはティーオフの場合は、よっぽどスタンスの向きが違っていたらコメントがありますが、センターに着地する場合はスウィングも問題なし。
第三ホールPar3で風と雨が強くなりいつもは3ウッドですが、今日はドライバー。それでもショート。コーチのPeterはフルスウィングの3ウッドでやっとグリーンに届く向かい風と雨。
私はピッチングでアプローチ良くGimme.
第四ホールはPar5.余りの向かい風の強さでティーグランドで立つのがやっと。
雨も強くなりグリップが持てず。第3打の8番で何とかグリーンをしとめたものの、そのショットがダウンヒルで若干手前からクラブが入ったので泥をしっかりかぶりました。体も冷えてきてなんとかホールアウトして今日は取りやめ。

今日のレッスンはスウィングよりいかに雨と風に負けないかに重点があったレッスンでした!

PR
我がコーチ、Peterのもとにはプロが教えを求めにきます。
今日も若手が4人来ていました。
Coreyは「今何を特に注意してレッスンを受けているの」と聞くと、スウィングの始動時に両手だけが先に後ろに動きだす癖があるとのこと。

そうなんですね。
プロも同じく自分の昔からの癖が止められないんです。
目を凝らしてみても判らないほどの小さな動きですが、Peterはビデオを撮ってオフィスで生徒と一緒に見て分析しますので、どんな小さな動きでも見えるんです。
若いプロ達のボールの飛ぶ様をみるとそれはそれはこの世のものとは思えないような素晴らしい飛球ですよね。

タイガーウッズも同じであるようにゴルファーはプロ、アマチュア全ての人達が自分の癖を少しでも基本に沿ったスウィングにしようと練習しています。

Coreyは先週はMelbourneで試合が幾つかあってそれに出場していたそうです。
どうだった、と聞くと、余り芳しくなかったとのことでした。
でも試合が最大の練習場。
プロ仲間から這い上がって賞金をもらえるようになるには激しい数の競技者より
より上手くプレーができないとなりません。
「Corey試合で勝って賞金がたんまり入って、金が余ったらプライベートジェットと邸
宅を買ってね」という約束だけはちゃんとしておきました!!
ゴルフレッスンは多くの方が受けたことがあるかと思います。
ゴルフの練習を始めたころ、仲間やご夫妻で練習場に行ったりして、そこでゴルフレッスンを15分1500円で受けることになりますね。週一回週末の土日にゴルフスクールでのゴルフレッスンもいかれたことがあるかも知れません。

先般近場のゴルフ練習場で、そんな光景を目にしました。
60歳代の男性が若手のティーチングプロにコーチを受けていました。
さてそこでハタ!と思った次第です。
私がオーストラリアでPeterからレッスンを受ける際には必ずビデオを撮り、私のスウィングと世界の一流プロのスウィングを画面に左右に出して比較対照します。
画面上で違いを明確にするためにPeterは対角線を引いたり平行線を引いたりして「私の何が良くて何が課題か」を明確にします。

日本のゴルフ練習場でのコーチングでは残念ながら設備が不足していたりプロの意識が違い「自分のスウィングを自分で画面で見て理解する」ことができないことが多いです。今は携帯電話でもビデオ撮影機能があったり、ハンディーカムの様な
ビデオカメラがあればスウィングを撮影してみせることが簡単に出来ます。それをやらずに、「ここがこう」「ここをこういう風にして」と口頭であるいはプロがゆっくり
見せる事でお茶を濁しているレッスンがあります。
このIT時代になんと遅れているか!と思いませんか?
全豪最優秀ゴルフティーチングプロを2回受賞しているピーターは、今年で5回連続でノミネートされました。今年は受賞できませんでしたが、既報の通り一層地域の才能ある若手ゴルファーの育成に関わるなどそのティーチングプロとしての活動は毎年範囲を広げ続けています。単にゴルフのレッスンを提供するだけではなく、今後世界に向かって活躍するゴルファーの育成が彼の楽しみです。
そんな折、丁度昨日5人の海外からHyattホテルに泊まってレッスンを受けている方々を練習場で見ました。
マレーシアから来た方々でした。
2時間毎日、5日間集中トレーニングの初日は、まずChip shotから始まり、スウィングの基本。スタンス、テークバック、トップの位置などを実践してから一人一人ビデオを取りオフィスで分析、改善点を指摘してまた練習。
そんな感じの1日でした。
ピーターとは「是非、日本のゴルフ大好き人間に来て貰い、ピーターのレッスンを受けて貰いたい」というのが我々の目標です。
日本にも沢山のティーチングプロがいます。ゴルフ練習場にも専属の方々がいますし、ゴルフ場にもいます。
しかしピーターのレッスンは一味も二味も違います!
その経験・実績・技術。勿論プロにも教えていますし、コーチングの適切な器具・練習設備などが完璧に揃っており、比類ないレッスンが受けられます。
是非、ご興味があれば私にご一報下さい!


今日のコースレッスンは例のサンフランシスコからのBill爺さんと、Sharon先生の旦那さんAndrewの二人の親御さん(ロンドン生まれで現在はカナダ在住)のPeterとJuneと一緒にラウンドレッスンと相成りました。
私がゴルフに連れて行ったPeterとJuneにとっては今日が初めてのゴルフだったので、どうしても二人が楽しんでいるかが心配になったりして、私のスウィングのリズムに微妙な影響を与えたかのように思います。

でも今日は非常に出来がよかったのはPuttingでした。コーチのPeterも
You don't need to go to the driving range and putting green.  You're banned to go there.  I'll let my assistant coaches know.  Now you got to work on your chipping, particularly out of thick rough.
という事でハイアットのドライビングレンジでの練習は禁止され、パッティングの練習も当面不要。
兎に角ショートゲーム、チッピングの練習をするように、との宣告が下りました。
これからは雨で育った強い草の茂るラフでこつこつチッピングの練習を続けようと思います。

さて、初めてのゴルフコースだったPeterとJuneにとっては...本当に楽しい一日だった様です! 
連れてくる前は”私がゴルフ好きだからと言って、連れてきてしまったが、喜んでくれるかな”と心配でした。
しかし、天気はこれ以上素晴らしい天気は望むべくも無い程恵まれ、カンガルーも勿論出迎えてくれ、オオトカゲにも会え、そんなこんなで非常に楽しんでくれました。
明日は、ベテラン組と若手のホープAdamと一緒にMt Coolum Golf Clubでのプレーです!
楽しみだな~~。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Sunny
性別:
男性
職業:
Sunny's Square
趣味:
Golf
自己紹介:
こんにちは。Sunny's Squareではオーストラリアの
ゴルフの楽しさを是非現地で体験して頂きたいと思いHeiniger School of Golfをホームページにアップしています。
レッスン指導のプロとして現在オーストラリアのHyatt Regency-Coolumでゴルフヘッドコーチを務めている友人のPeter Heiniger氏(ピーター・ハイニガー)をご紹介します。
堂々”全豪最優秀ゴルフティーチングプロAustralian PGA Teaching Pro of the Year Award」を2年連続受賞”の快挙を達成し、実力・名声・人柄を兼ね備えた
ピーターはゴルフプロから初心者まで楽しく明るく親切なレッスンを提供してくれます。是非オーストラリアでピーターのゴルフレッスンを受け、自然一杯の素晴らしいコースでゴルフ三昧の日々を過ごしませんか!
バーコード
ブログ内検索